月塞がり

サークル LoastedSeaweed

アニメ映画の最高まとめ 2014

今年は結構アニメ映画を見たので。

 

劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」

全てが最高。アイドルアニメの決定版。BD版は、ほぼ週一で見た。

特にエンドロールへの入り方は最高。これから(TV版)への構成的な繋がりと、ドラマとしての主人公たちの気持ちの繋がりとの両方を同時に昇華する。

 

 

劇場版アイドルマスター輝きの向こう側へ

はるちは最高。

イントロのウソ映画予告のショートムービーでもう泣いてた。

TV版から辿れば、プロデューサーに転向した律子とハリウッドへ旅立つ主人公プロデューサーとの別れの物語としては、各々の仕草からして最高。

ミリオン組については、書ききれないので割愛……。

 

 

劇場版 プリティーリズム・オールスターセレクション プリズムショー☆ベストテン

最高。

ちゃんとCallingsもランクインしてくれたのが嬉しかった。

 

 

劇場版モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE-亜空の深淵-

チアキ・クリハラ最高。

TV版ありきのお約束てんこ盛りで良かった。大画面で見ると、モーパイのモニターグラフィックス最高だと改めて思った。

 

 

たまこラブストーリー

あらゆる全てが最高。

日常感を一貫してカメラワーク・エフェクトで表現する試みが本当に素晴らしかった。

でもこれは、みどりラブストーリーだと思う。

BD買ったけどせつなすぎてまだ1回しか見れてない。TV版未視聴だったので、後追いで見ていきたい。

 

 

楽園追放

アニメのためのCGではなく、CGのためのアニメ。

暴力的にまで美しいレイアウトの連続で、去年のまどマギとはまた違った中毒感がある。物語の王道感もさることながら、話の展開と、アンジェラバルザックちゃんのケツの見え具合とが相関していたのも良かった。

無限に見てしまいそうなのでBD買ってないけどやっぱ欲しい。

 

 

劇場版アイカツ!

最高の最高。

これから見に行くので予言。