月塞がり

サークル LoastedSeaweed

祝☆普及版発売!『屋上の百合霊さん』を買う前に気になっていたこと

 

『屋上の百合霊さん』とは!

『屋上の百合霊さん』は、2012年3月にLiar-Softさんから発売されたR18のWindows用ノベルゲームです。

タイトルの通り、百合をテーマに据えた意欲的な作品です。

 

→2016年現在、日本国内版としてダウンロード版が配信中です。

 ダウンロード販売のページ

→2016年現在、Steamにてゲーム本編の海外対応版、ドラマCDが配信中です。

 Kindred Spirits on the Roof on Steam

→2016年11月06日に同人誌即売会が開催されます。

yrtp.info

 

私は2014年の1月頃、ようやくプレイしました。

その後普及版の発売があり、私のようにいま再び、上記の通り廉価版、DL版、海外版と発売があり、興味を持たれる方も多いかと思いたち、個人的な振り返りも兼ねて、感想記事を書くことにしました。

この記事では、自分が購入前に気にかかっていたポイントに自分で答える形式(さみしい)でまとめていきます。

  

『屋上の百合霊さん』の気になるポイント!

  1. R18で百合ゲーム? 百合をわかってるの?
  2. CP固定って? 攻略の醍醐味は?
  3. パートボイスって? テキストだけじゃつまんなくない?
  4. プレイ時間どんくらい? 周回要素ある?
  5. でも、ダメなとこはあるんでしょ?

 

 1.R18で百合ゲーム? 百合をわかってるの?

大丈夫!

『屋上の百合霊さん』の絵はとってもカワイイです。

背景もキャラクターの配色に合わせて爽やか。まさに青春の舞台。

音楽も学校という舞台を意識した耳あたりの良い曲が揃っていて、雰囲気を盛り上げてくれます。

とは言え、やっぱり気になりますよね。

確かに『百合霊さん』はR18ゲームと銘打っていますから、どうしても男性向けのえっちなゲームのイメージから「求めている百合と遠いのでは?」と不安に思われることでしょう。

 

でも大丈夫!

主人公たちも同じように悩むのです。

各々のキャラが、百合特有の、そして若人特有のテーマを抱えています。

プレイヤーの戸惑いは、それぞれの登場人物たちの悩みとして立ち塞がり、時に受け止め、時に解決されてゆくのです。

 

──カワイイの気持ちの先にあるものに手を伸ばしたいと思ったら、どうしたらよいのだろう。

そして、どうなるのだろう……?

 

そんな、誰しもが抱く迷い……。

しかしそうして、困難を乗り越えてたどり着く、淡いタッチのキャラクターがお互いにしか見せない秘密の姿で仲睦まじく過ごすシーンでは昂ぶりもひとしおです。

とは言え、R18ゲーム的な表現のレベルとしてはとっても控え目なので「えっちなのはちょっと…」という方も安心。

それどころか、心通わせた彼女たちの温かなひと時を垣間見るとき、もしかしたらあなたの『百合観』に変化をもたらしてくれるかも知れません。

 

 2.CP固定って? 攻略の醍醐味は?

はじめに『百合霊さん』はオーソドックスな主人公対攻略ヒロインの構図ではありません。

主人公は”まだ”百合に理解の及ばない女の子、遠見結奈。

けれど学校に何組か存在する百合カップルになりそうな女の子たちを後押ししたい自称『百合霊』のカップル、サチと恵に出会ったことで、その野望を叶えてゆく形でストーリーは進みます。

 

攻略の難易度としてはとても緩いです。

ゲームの基本は、スケジュール帳に表示されるキャラクターのアイコンをクリックすると、対応するショートシナリオが開始、読み終えたら次のシナリオがいくつか新たに表示されるので読む、の繰り返しです。

シナリオ中の選択肢によって一部シナリオの登場条件になりますが、基本は一本道です。

特定のCP中心でなく、いわゆるオムニバス形式で時系列にそって物語は展開します。

なので、もしかしたら、プレイ中にもどかしく思うかも知れません。

私もプレイ当初はやきもきしたものです。

けれど振り返れば、このスケジュール帳は主人公の遠見結奈のものなのです。

『百合霊さん』は、それぞれのカップルたちを応援する百合霊と遠見結奈の物語を主軸にしたゲームであることを考えれば、このもどかしさすらもひとつのゲーム体験であると言えるでしょう。

(百合霊、そして主人公たちは時に他のCPたちを覗き見ることになる訳ですが、それもまた我々プレイヤーに不思議な同一感、没入感を与えてくれます)

 

それに古典的なヒロイン攻略型では、ルートによって報われないヒロインがどうしても登場しがちです。

その点『百合霊さん』は一本道であることでプレイ中常に「このカップルは幸せに結ばれるんだ」というある種の安心感が得られるかと思います。

とは言え個人的には、本編で描かれない部分については「この子たちで仲良くなってくれ……!」という気持ちもあり、そのようなアソビの部分が充分にあることも魅力のひとつでしょう。

ちなみに私は『阿野→結奈←比奈』派です。

 

 3.パートボイスって? テキストだけじゃつまんなくない?

『百合霊さん』は一部シナリオにのみボイスが再生されるパートボイス方式になっています。

(肝心の)えっちなシーンでは全キャラボイスあります。

 

テキストはちょっと独特です。

読点「、」が多いです。口語っぽさがすごくあるので、文章として絶対誤解のない表記にしているのかなと思います。

けど、実際の人間って、いつだって筋立てて流暢にしゃべるわけじゃないんですよね。

あれが、あれしてて、えーと、そう、そんなかんじ、って言ったら伝わるでしょうか?

ちょっとここでは説明が難しいですかね。

でも『百合霊さん』のテキストは割りとそういう『雰囲気の会話』表現をやってのけていて、けれど特別読み手が意識することもなく物語に入り込めるマンガ的表現が面白いなぁって私は思います。

文体については本当に個人の好みの問題かと思うので、まずは体験版をお試しになってはどうでしょうか。

http://www.liar.co.jp/yuri_op.htm

 

 4.プレイ時間どんくらい? 周回要素ある?

私は多分、クリア後込みで合計で10〜15時間くらいでした。

周回要素はあります。

1周目を無事終えると、再びスケジュール帳が開き、2周目がはじまります。

はじまる、と言っても本編シナリオの選択肢によってアナザーシナリオが同じスケジュール帳上に登場するようになるのです。

でも、このアナザーが本当に良いんです。

「なんで最初からアナザー読めるようになってないんだ!」って絶対思うはずです。

けれど、本編を1周しているからこそ、なんですよね……。そこがニクイ!

スケジュール帳の1シナリオずつはコンパクトなので、ゆっくり自分のペースで遊びやすいシステムだなと思います。

逆に「ガッツリ一気に進めたい!」って時でも、わんさかアナザーシナリオが湧いてくるので、思う存分奇声を上げながらプレイしたら楽しいかと思います。

 

 5.でも、ダメなとこはあるんでしょ?

あります。

やっぱりちょっと短い

もっと掘り下げて欲しいキャラがいっぱいいた。特に音七と阿野。魅力的なのに、もったいない。

ところで「そもそもどうして女の子同士で?」というテーマについては「どうして神様を信じてるの?」というのと同じものだと思うので、今作で重要視されてなくて問題なしかなと思います。

全体としてひどく思い悩む重厚なストーリーというより、明るくポジティブに恋愛に取り組む様を重視して描いてるのは好感です。

ボリュームもそうだし、さっぱりした印象にまとまっているから、いわゆるノベルゲーム特有の長い時間をかけて作品世界に浸るという特性は活かしきれてないと思います。

逆に、普段あんまりノベルゲームをがっつりやらない人ほどオススメなのかも?

 

まとめ

こんな記事読んでないで『屋上の百合霊さん』やりましょう。

ひどい言い草ですが、どっちがいいかと言われたらやった方が良いです。

いや、最初は「ふつうかな?」って思うんですよ。

短いし、パートボイスだし。描ききってない部分もいっぱいあるし。

でもしばらくすると気になってしょうがないんです。

あの子たちがどんな風にこれからの日々を過ごしていくのか。どんな会話をして、どんなところへデートして……。

それを、まるで、作中の百合霊の2人のように、いくらでも想像してしまうんです。

百合霊の2人は、学校で命を落とした地縛霊なので休日は屋上でただ待っているしかなかった。それが、主人公の結奈に出会ったことで干渉出来るようになり、やがて自分たち自身も結ばれたいという願いを叶えていく……。

そういう意味では『屋上の百合霊さん』は第二、第三の百合霊を生み出すゲームなのかも知れないなぁ、なんて、11月6日のオンリー用の原稿の筆休めにこの記事を更新しつつ思っていたりします。(宣伝)

yrtp.info

 

発売以来、百合霊さんを激推しされ続けているシーガルさんも仰られている通り、とにかく百合霊さんを始めるのに遅すぎるということはありません!

ちょっとでも興味があったら、この機会にぜひともプレイなさってください!